ケータイショップの仕事に手ごたえを感じる。

ケータイショップの仕事に手ごたえを感じる。

勤めていた会社から、突然の倒産宣告を受け

 

お先真っ暗状態になりながらも

 

無事、早々に再就職先が決まった私は

 

ケータイショップ店員として第2の社会人生活をスタートさせました。

 

入社してから最初の1カ月は、ひたすら勉強の日々!

 

無駄に種類が多い、ケータイのプランやオプション内容を頭の中に叩き込み

 

なんとなく覚えられたかなぁ〜と思ったら

 

次は、各端末の特徴を覚える勉強。

 

iOS・アンドロイドなど、OSの区別はもちろん

 

写真の画素数だったり、防水機能があるかないか

 

修理は店頭で対応できるかなど、覚えないといけないことは山ほどありました( ゚Д゚)

 

その中でも一番頭を抱えたのが、ケータイ契約時の登録作業。

 

当時は、ipadを使って登録作業を行っていたのですが(今も同じかな?)

 

個人情報・プラン・オプション・キャンペーン・支払方法など入力することも多いし

 

ちょっとでも操作を間違えれば、月々の料金が変わってしまったり

 

審査が通らなくなったりするので

 

すぐにクレームの元になってしまうという緊張感・・・

 

慣れるまでかなりの時間が掛かりましたね(; ・`д・´)

 

頭がパンクしそうなくらい、とにかく覚えることが多かったので

 

最初の1カ月間はろくに接客もできず、全く業績が上がりませんでした(;^_^A

 

パチンコやパチスロの知識はスラスラ頭の中に入っていくのに・・・

 

ホント、興味が無いことってなかなか覚えられませんよね(笑)

 

しかし、業務内容を一通り覚えた後は絶好調(^^)/

 

バンバン数字を上げることができました♪

 

なんでいきなり調子が良かったかと言うと

 

単純に、前職の仕事に比べてハードルが低かったから♪

 

前の仕事は、人通りの多い場所で道行く人をキャッチして

 

全く興味を持ってない人に対して、ポケットWi-Fiを売らないといけなかったので

 

なかなか難しく、数も上がりにくかったんですが

 

ケータイショップには、携帯変えたい人やWi-Fiを検討している人が来るので

 

元々興味を持っている人に対して接客できる分

 

私としてはめっちゃ楽に獲得できたんですよね(^^)

 

前の会社で荒波に揉まれた甲斐あって

 

かなりの営業スキルが身についていたようです。

 

3カ月目に入ると、当時勤めていた店の店長から

 

「役職会議でトシマール君がすごく評価されてたよ!」

 

思ってもみなかった、お褒めの言葉が♪

 

マジで!俺ってもしかして黄金ルーキーなんじゃないの(; ・`д・´)

 

ケータイショップの仕事に手ごたえを感じる。

 

純粋に嬉しくて、余計にやる気が湧きましたね(笑)

 

閉店後にPOP作ったり、店舗ミーティングしたりしてたので

 

面接で言われたように、残業がある日も多かったんですが

 

私的には全然許容範囲内。

 

それよりも、業績を上げて他の人達から評価されることに喜びを感じていたので

 

人一倍接客に入り、ひたすら件数をこなしていました。

 

あぁ〜〜、なんか仕事楽しいなぁ(*´ω`*)

 

何とも言えない充実感を感じながら、毎日を過ごしていたある日

 

突然、エリアマネージャーから

 

「トシマール、ちょっといい?」

 

業務終了後に呼び出しをくらいました。

 

「は、はい!かしこまりました!」

 

マネージャーに付いていき、話を聞くと

 

なにやら、そのマネージャーの担当エリアが新しく北九州エリアに変わるとのこと。

 

「そうなんですか。結構遠くなりますね(笑)」

 

新しいマネージャーは誰になるんだろう?なんてことを考えていると

 

「そこで相談なんだけど、トシマールも北九州まで付いてきてくれないか?」

 

・・・はいっ!?

 

「えっ!?僕がですか?」

 

「うん。まだ役員にも話してなくて完全に俺の独断なんだけど・・・」

 

マネージャー曰く、現在北九州エリアの店舗はどこも業績が悪くて

 

原因は、店舗スタッフのモチベーション低下にあるらしく

 

新人の私が数字を上げる姿を見てもらうことで

 

既存のスタッフに刺激を与えて、活性化を図りたいとのこと。

 

正直悩みました。

 

今の店舗が実家から近く通いやすいってこともあったし

 

なにより、北九州って九州ではかなり治安の悪い地域なんですよ・・・

 

ケータイショップの仕事に手ごたえを感じる。

 

マネージャー自体は良い人だったんで、付いていきたい気持ちもあるけど

 

あの地域で一人暮らしってかなり不安・・・(知り合いもいないし)

 

「ちょっと考えさせてもらっていいですか?」

 

グァーーっと頭の中で考え抜いた結果

 

「はい!私でよければマネージャーに付いていきます!」

 

私は、北九州に飛び立つことにしました。

 

本当は行きたくなかったんですけど・・・

 

断ることで、上からの評価を下げたくなかったんですよね(;^_^A

 

「そうか!ありがとう!すぐ役員に相談してみるよ!」

 

マネージャーも嬉しそうだし、まぁ良かったかな(´・ω・)

 

翌月からさっそく北九州の店舗で業務開始。

 

借家が決まるまでの間は、実家から車で通っていました。

 

片道約1時間半( ゚Д゚)マジで遠かったなぁ〜(笑)

 

既存スタッフからは、噂の新人がキタみたいな感じで見られていたので

 

期待を裏切らない為にも頑張りました!

 

北九州の客層相手に業績上げれるか不安だったんですが

 

実際に接客してみると

 

意外にも、キャッシュバック額を吊り上げたり、月々の料金にシビアな細かい客は少なく

 

あっさり決めてくれる人が多かったんです(^^)/

 

強面でヤンキーっぽい人ほど

 

しっかりと丁寧に対応したら、めっちゃフレンドリーに話してくれて

 

ホント良い人多かったですね♪

 

冗談抜きで、20人に1人くらいの割合で手の指が足りてない人が居ましたけど(笑)

 

北九州に来てからも私の快進撃は止まらず

 

なんで業績悪かったんだろうと不思議になるくらい

 

面白いように数字が取れ

 

気付けば、店舗売上の6〜7割程を自分1人で叩き出していました。

 

全体売上個人ランキングの社内メールが毎日送られてきてたんですが

 

私のランキングがドンドン上がっていき

 

月末付近では、堂々の2位に( `ー´)ノ

 

なんとか1位になりたくて、仕事が休みの日でも

 

私が担当したお客さんが来るとなれば、迷わず出社!

 

ホントがむしゃらに頑張っていました。

 

結局その月は1位になれなかったんですけどね(;^_^A

 

北九州の社員さん達から、凄いなぁ〜と褒められるようになり

 

私も、まぁ、こんなもんですよ〜みたいな感じで調子に乗っていましたね(笑)

 

マネージャーからも、この調子でいけばすぐに副店長になれると言われ

 

完全にその気になっていた私。

 

役職アップ・給料アップを目標として、日々仕事に取り組んでいました。

 

そんな感じで4カ月程北九州で奮闘した結果

 

「トシマール、来月から副店長な!よろしく頼む!」

 

マネージャーから、念願の副店長へ昇進させるとの辞令が(^^♪

 

「ありがとうございます。今後より精進します!」

 

よっしゃ〜!これで給料も上がるし、店長へ一歩近づけたぞ〜!

 

私がめちゃくちゃ喜んでいた次の瞬間

 

マネージャーが予想外の言葉を口にしました。

 

「良かったな!おめでとう!あと一つ言いにくいことがあるんだけど・・・」

 

「・・・はい。なんでしょうか?」

 

「俺。会社辞めることにしたんだ。」

 

・・・えっ!?マジ?

 

「そ、そうなんですか?なんでそんな急に・・・」

 

「詳しい理由は言えないけど・・・、まぁその内わかると思うから。すまんな。」

 

その後、来月から別のマネージャーが新しく担当になることを教えてもらい

 

その月を最後に、そのマネージャーは会社を去っていきました。

 

後々、社内の人達に辞めた原因を聞いたら

 

マネージャーとしての業績が悪く、役員から降格を告げられたのが原因とのこと。

 

確かに、そのマネージャーは数字に対してそこまで厳しくなくて

 

どちらかと言うと、陽気にスタッフに振舞って

 

楽しく仕事をして行こう!みたいな緩い印象ではありました。

 

私的には、スタッフ全員に気を遣ってくれる良いマネージャーだったんですけどね(;^_^A

 

新しく担当になったのは、私より1つ年下の女性マネージャー。

 

その人が営業していた頃は、ほぼ毎月業績1位を記録していたらしく

 

数字に対してめちゃくちゃ厳しいとの噂

 

見た目もつり目でどこかピリッとした印象でした。

 

気合入れ直さないとな・・・

 

こうして、新マネージャーの元、副店長として働いていくことになったんですが

 

ここから、私の仕事に対する意識が変化していくことになります。

 

 

 

page top