パチスロライターになる為、とにかく勝ち続けなければ!

とにかく勝ち続けなければ!

パチスロライターに俺はなる!!

 

はっきりとした目標が決まった私は

 

まずは何をするべきかを考えました。

 

そういえば、現役のライター達ってどんな経緯でライターになったんだろう?

 

人それぞれの、パチスロライターになったきっかけが気になった私は

 

過去の雑誌を読み返したり、ライターが出ている動画を見まくりました。

 

色々調べてみてわかったことが

 

ほとんどの人が、ライターになる前にパチスロで勝ちまくってたということ。

 

これだけ勝ってるんだから、パチスロライターなれるんじゃね?

 

そう思って面接を受けたという人が多かったんですよね。

 

ライターになってから負けキャラで定着した人もいましたけど(笑)

 

確かに、実際に自分が勝ってないと説得力ないよな〜

 

よし!まずは勝てるようになろう!!

 

東京行く金も欲しいし!

 

パチスロライターになる為、とにかく勝ち続けなければ!

 

常勝を誓った私は、

 

フラ〜とホールに入って、なんとなくよさげな台を打つというそれまでの打ち方を封印し

 

勝ちに徹した立ち回りをすることにしました。

 

さっそく、収支を記録するノートを準備し(今まで収支付けたことがなかった)

 

いざ実践開始!!

 

ちなみに、いきなり勝ち続けられる自信はなかったので

 

バイトは辞めずに継続していました(;^_^A

 

勝ちにこだわる立ち回りスタート!

 

パチスロライターになる為、絶対に勝ち続けるんだ!!

 

完全に心を入れ替えた私は

 

バイトがある日は、終わってからソッコー

 

ジャグラーが強い地元のホールに向かって

 

合算130分の1以下でレギュラー確率が260分の1以下の台を探す!

 

確保できたらひたすら閉店まで打つ!を繰り返し

 

次の日が休みの時は、下見メインで各ホールを回っていました。

 

下見する機種は、主に新鬼武者ヱヴァ(設定がわかりやすかったから)

 

休みの日、抽選が悪く設定がツモれなかったら

 

すぐゾーン狙いと天井狙いに切り替え

 

その後ホールを徘徊し、狙い台が空いたり

 

高設定っぽいノーマル機があったら打つ!いや、打つべし!

 

ひたすら期待値を追った立ち回りを続けました(; ・`д・´)

 

自分なりに頑張って、貪欲に勝ちを求め続けた結果

 

最初のひと月目の収支は・・・

 

プラス9万2,800円!!

 

見事勝ち越すことに成功!!

 

パチスロライターになる為、とにかく勝ち続けなければ!

 

努力が報われた気がしてすごく嬉しかったのを覚えています♪

 

プラス収支で気分を良くした私は、更にストイックに立ち回るようになり

 

次の月は、なんと約プラス18万!!

 

倍以上収支を伸ばすことができました♪

 

以前までは、パチスロを打つことが楽しみだったんですが

 

この時は、パチスロで勝つことが楽しみになっていました。

 

たまに気が緩んでパチンコに手をだしたこともあったんですが

 

パチンコも調子良くてほとんど負けなかったんですよね♪

 

正に諭吉が諭吉を呼ぶ展開・・・

 

勝てる!俺は勝ちキャラでライターデビューできる!!

 

勝利を積み重ねていくうちに

 

だんだん自分に自信がついていきました( `ー´)ノ

 

パチスロライターになる為、とにかく勝ち続けなければ!

 

収支をつけだして8カ月間・・・

 

気づけば、マイナス収支になった月が1つも無く

 

全ての月プラス収支で終えることができたんです!!( ゚Д゚)(マジで)

 

8カ月間のトータル収支は約プラス180万!!

 

うん、俺センスあるかも(*´ω`)

 

正直、ここまでうまくいくとは思っていませんでした(笑)

 

ガチの専業(プロ)の方からすれば

 

なんだ、大したことないじゃんってなるかもしれませんが

 

パチスロを始めてから、こんなに勝ち続けた経験がなかった私にとっては

 

とてつもない快挙だったんです。

 

いいぞ〜!とりあえずパチスロで勝てるようになった!!

 

1つの目標をクリアできたことで、私は完全に波に乗っていました♪

 

あの時のオーラは、間違いなく赤オーラでしたね(笑)

 

よし!これだけ手持ちがあれば、東京行ける!!

 

東京行きの資金もでき、パチスロで勝つ自信もついた私は

 

約1年半お世話になった、家電量販店のバイトを辞め

 

パチスロライターになる為、単身で東京に向かうことにしました。

 

 

次の記事へ  いざ、東京へ!

 

page top